大阪産(もん)名品の会


大阪産(もん)名品の会

大阪産(もん)事業者の歴史


大寅蒲鉾 株式会社

history_tenpo.jpg

 

つくるも売るも買う心。

 

~創業以来百三十年余り、受け継がれてきた大寅の精神~
大阪の「大」と初代・小谷寅吉の「寅」を屋号に、創業以来百三十年余り、「大寅」は大阪ミナミ戎橋筋を本店に代々「おいしい蒲鉾・てんぷらを提供すること」に情熱を傾け、皆様に愛される商品作りに努めてまいりました。
蒲鉾のおいしさは、舌に感じる「味」と、「足」と呼ばれる歯ごたえによって決まり、優れた蒲鉾をつくるには鮮度の高い魚が求められます。現在でも社長自ら、中央市場に出向き毎日新鮮な魚を仕入れているのです。

 


大寅では代々受け継がれてきた精神 "つくるも売るも買う心" をモットーに、ご家庭で、ご進物に、また、冠婚葬祭にと幅広くご利用いただけるよう、美味しい蒲鉾・てんぷらづくりに、そして気くばりの行き届いた親切な接客に、こだわり続けているのです。

 

daitora_rekishi1.jpg

 

明治9年、初代社長小谷寅吉が大阪沿岸で漁獲されるハモ、エソのほかに白身の小魚を原料として蒲鉾業を創業。
明治25年に大阪戎橋筋に新店舗をつくり屋号を『大寅』と定めました。
当時から、斬新なアイデアをとりいれ、今では一般的に見られる商品券の原型とも思われる "蒲鉾引換券" なども考案していたのです。

 


大正期に入り、東シナ海を漁場とする以西底曳漁業が勃興し、大寅は蒲鉾の原料魚としてこれの開発に着眼。
遂にグチを使用して在来の蒲鉾よりも勝るとも劣らない製品を創造しました。
大寅がその利用の先端を切ったので、これらの魚は「大寅グチ」、「大寅ニベ」と呼ばれ、大寅の基礎を定めたのです。この頃にも "進取の精神" が息づき、新たな開発意欲にもとづいて、多様な魚種を原料として使うことで、蒲鉾のおいしさを追求していったのです。

 


また、当時大寅はその製法を普及するために、大阪の技術者を中国、九州、北陸方面まで派遣し、技術指導に当たらせました。
このようにして絶えず大衆の嗜好に応え、業界全般の技術向上にも貢献してきました。
さらに昭和に入り二代目社長小谷権六は蒲鉾業界初めての全国団体、全国蒲鉾組合連合会の設立に寄与し、業界発展のためにも尽力したのでした。

 


戦後は昭和24年、株式会社組織として再出発し、その後もたゆまぬ品質改良の研究が重ねられ、
その中でも亀甲の模様に焼き上げられた『焼通しかまぼこ』は非常な好評を得、多くの賞を受けています。
因みに昭和24年水産庁長官賞、昭和26年、27年、28年と3度農林大臣賞、昭和26年、29年と両陛下に献上しました。

 

daitora_rekishi2.jpg

 

また、昭和32年に総理大臣賞、37年には業界最高の栄誉に輝く天皇杯を授与されたのです。
その後も昭和、平成と現在に至るまで、農林大臣賞など多くの賞を受け、大寅は名実とともに蒲鉾のパイオニアとして歩みつづけています。

 

daitora_rekishi3.jpg

 

一方、製造部門では昭和45年、当時としては近代設備を誇る工場を新設し生産量の増大、技術革新を図り、特に衛生面では業界に魁けて活性汚泥式汚水処理施設を設置する等、モデル工場的存在となりました。
さらに平成5年には新工場が完成し、手作りの製法のよさをそのまま取り入れた最新鋭の設備を導入。
味と品質にこだわり調理から包装にいたるまで一貫して行っております。


株式会社 高砂堂

 1891年創業。初代渥美三左衛門が同業仲間とともに「名代きんつば」を考案、発売。以来、船場の旦那さんや靱魚河岸の方々に育まれてまいりました。 「自然の風味を大切に」をモットーにお客様に親しまれ愛され続けるお菓子づくり、また来ていただけるお店づくりを念頭に、日々菓道精進を続けてまいります。

 


 

沿革

明治23年4月

・創業
 当店初代渥美三左衛門が現住所地において和菓子製造販売業を創業する。
・名代きんつばを考案。

 

大正年間~昭和初期

・勧業博覧会、帝国食品博覧会等に出品。優秀賞他を授与される。

 

昭和20年

・戦災のため中断。

 

戦後復興

・渥美四郎、二代目を継承し現在地に復興再開店。
・大阪市内百貨店等に出店。

 

昭和29年

・渥美弘三、三代目を継承。

 

昭和34年11月

・法人組織 株式会社髙砂堂 発足 資本金百万円。

 

昭和年間

・大阪市内地下街、百貨店等に出店。
・全国菓子博覧会等に出品し、総理大臣賞、名誉総裁賞ほかを受賞。

 

昭和45年

・日本万国博覧会に営業店舗を出店し好評を博す。
・業容拡張に伴い増資、資本金壱千萬円也となる。

 

平成元年

・創業100周年。

 

平成2年

・第19回大阪国際見本市に出品。(平成4年第20回・平成6年第21回も出品)

 

平成4年

・食品衛生優秀施設として厚生大臣表彰を受ける。

 

平成7年

・渥美弘三、食品衛生功労者として、厚生大臣表彰を受ける。

 

平成9年

・大阪食博覧会に出品 好評を博す。

 

平成15年

・製菓部職長 加藤信男 技術功労部門で農林水産大臣賞(通称 食の人間国宝)受賞。

 

平成22年

・渥美裕久 四代目を継承。「名代きんつば」第1回大阪産名品に認定。

 

平成25年

・渥美弘三 日本食生活文化財団より金賞受賞。

 

 


 

 

 

メディア掲載

 

高砂堂の「名代きんつば」
六面体のきんつばが誕生したのは明治時代。 高砂堂の創業者が大阪の老舗菓子店で修行中に仲間数人と開発した。今も丸い形状のきんつばが東京や京都の店で売られているが、この変形である。生産効率を上げ、作りやすくて食べやすい庶民の味を追求し、苦心の末に完成させたのだ。
(中略)
4代目の社長の渥美裕久さんは「材料も製法も合理化しない不器用さが、長年にわたって皆様のご愛顧を頂いている理由だと思います」と語る。
(以下、略)


●高砂堂の詳しい紹介はこちら


竹利商店

竹利商店は江戸時代末期の創業。

様々な地域の展示会にも出品され、大阪の銘菓として全国に知られていました。

 

 

作家の林芙美子、菊地寛もこの味を愛し、愛好していた時雨餅。

takeri_history_1.jpg時雨餅は、砂糖、つなぎの餅米を混ぜ、そぼろ状にして蒸篭で蒸し上げます。
赤色は小豆餡、白色は白餡でつくられます。

「時雨」の銘の由来は、「餅であるのにべたつかず、はらはらとこぼれるさまが秋の時雨のようだ」と藩主岡部長慎公が授けたと伝えれています。


 

 

今でも伝統の味を守り続けるため、独自の製法で時雨餅作りを行っています。

takeri_history_2.jpg無聲人呼(こゑなく人をよぶ)

 

竹利商店の包み紙には、この言葉が書かれいます。
「声を挙げなくても人は集まる」というこの言葉は、昔ながらの製法を守り続けながら「時雨」一筋で成してきた自負の思いからでしょう。


 

 

陳列には古くに書かれた「時雨餅」の由来が書かれています。

takeri_history_41.jpg

時雨餅の由来
約280年の歴史を持つ時雨(餅)は岸和田城主のお茶菓子として作られ城主が時雨と銘名。
当店が時雨の銘を賜り今日に至ると伝えらている。

尚、戦争の時、政府よりつなぎに餅米を使っているため主食の代用になるため餅をつけれと言われたので名誉と思い餅をつけたと家人が言っている。

 

 

岸和田本通商店街の入口にある古風なたたずまいが老舗「竹利商店」である。

takeri_history_7.jpg

 

 

メディア掲載

竹利商店 竹利商店は江戸時代末期に創業。「時雨餅」は、小豆餡、砂糖、つなぎの餅米を混ぜ、それを仕切りのある長方形の蒸籠に篩でそぼろ状に漉して入れ、平らにして蒸し上げる。赤い色の小豆餡製と、 白の白餡製がある。岸和田城内で作られた「時雨」と同じであるが、今次の戦争中、「餅」の字を付けるよう命ぜられたそうだ。
蒸しの時間の長短はあるが、薩摩地方の「高麗餅」と良く似ている。


 

竹利商店 藩主岡部長慎公の「他藩に誇れる独自の風味ある茶菓子を考案せよ」との命により誕生しました。餅であるのにべたつかず、はらはらとこぼれる様が秋の時雨のようだとこの銘を賜ったと伝えられています。 参勤交代での杉板と竹皮の包装が珍しいと評判に。


 

竹利商店


 


田代珈琲 株式会社

tashiro_history_0.jpg

 

 

●創業時の奮闘

昭和8年2月、田代珈琲は「田代兄弟商会」として戦前にシロップの製造業を起業しました。創業者は田代 辰(たしろ のぼる)。 当時、銭湯や駄菓子屋や売られていたミカン水などの清涼飲料水を製造する「鉱泉所」というところが地域ごとに存在しており、そこにシロップを卸していました。そのシロップの味付けとしてコーヒーを加えてコーヒー牛乳の素を作ることになったことを契機に、その後は株式会社 房屋商店として改組し、コーヒーの製造も手掛けることになります。 戦前には大きく売り上げが上がり、地域の自治会や軍にも沢山の寄付を行い、数々の表彰を受けていましたが、戦争が本格化した時には会社を閉鎖、財産を抱えて香川県・観音寺に疎開することになりました。しかし、敗戦でその財産も紙切れとなります。 昭和23年の戦後、再び大阪の地でコーヒー会社を興すことになりました。戦後の会社経営は前途多難が予想されましたが、戦前の人脈から紅茶の輸入販売権を獲得し商売を大きく発展させていきます。しかし、すぐさま紅茶の輸入販売権も自由化され会社の勢いも失速することに...。その変わりにコーヒーの販売業は喫茶店、レストランなどでコーヒーが広く飲まれるようになり、昭和30年代になるとコーヒーの売り上げが大きく伸びてきました。 tashiro_history_1.jpg

 

 

●復活と挫折の繰り返し

そんな最中、昭和41年に初代 田代 辰 は死去し、2代目田代好埈(よしたか)が25歳で継ぐことになりました。 この時代から「喫茶店ブーム」が沸き起こります。ブームのおかげで1978年頃までお得意先が増え続けましたが、 1973年のオイルショック、1975年のブラジル大霜害で価格が暴騰したりと経営環境が平穏であったとはいえず、2代目も経営のかじ取りには苦労したようです。1978年頃からはお得意先は減り続け、卸業から小売業へ、本社移転を機に業態転換をはかったのは1985年のことでした。 1985年を契機に本社を現在の東大阪市に移転し、家庭用の小売販売にも力を注ぎだしました。その頃、世はバブルに突入し、景気の良さから業績もアップ。小売業も早くに力を入れてDMを中心に地方発送も積極的に行いました。 tashiro_history_1.jpg

 

 

●新しい時代のコーヒーを模索

しかし90年代にバブルは崩壊し、業績は悪化。迎えた1994年、2代目好埈が死去。3代目社長には長男 和弘が就任しました。 その後、多店舗展開を目指し1998年には4号店を開店させ、再び業績を伸ばしましたが、しかし、売り上げの伸びは止まり、多店舗での焙煎から豆の鮮度を保ったまま販売することに限界があり、方向性を模索する毎日が続きました。そこで1999年には社長の発案から、パソコンをまったく触ったことのないこの田代珈琲が、ネット事業を目指すことになります。 ホームページは2000年に完成しましたが、当初売り上げは作れず、試行錯誤の末モール出店などを契機に、コーヒーの販売業は少しずつ伸びてきていました。 同時にスペシャルティコーヒーという高品質のコーヒーとの出会いが、田代珈琲を大きく変えていくことになりました。 tashiro_history_1.jpg


株式会社 タニチ

わが社は昭和27年(1952年)に東大阪市にて谷知商店として創業設立しました。
昭和51年(1976年)に大阪府高槻市に移転し、寒天を主に時代に合わせて様々な商品を揃え、お客様のご要望に応えるよう努力を続けて参りました。


 

今や寒天はお菓子の原料だけでなく食品としての注目度が上がっており、この食物繊維が豊富な寒天を知って頂きたいと日々努力させていただいております。
また、高槻市の伝統産業である寒天の製造、販売を営みながら地元高槻市にとっても少しでも役立つ企業になりたいと願っております。

 
 
 
1952年02月 東大阪市(旧布施市)にて谷知商店創業
1952年04月 清水寒天代理店契約を結ぶ
1959年10月 法人に改組、資本金2,000,000円にて㈱谷知庸光商店と改称
        代表取締役社長 谷知佐一 就任
1961年03月 資本金4,000,000円に増資
1967年03月 取締役会長 谷知佐一 就任
        代表取締役社長 川畑誠一 就任
        資本金10,000,000円に増資 "株式会社タニチ"に社名変更
1968年05月 三井物産㈱関西支社と特約店契約を結ぶ
1973年07月 伊那食品工業㈱と特約店契約を結ぶ
1976年03月 本社移転 高槻市下田部町1丁目27番3号
1983年06月 協同乳業㈱売買契約を結ぶ
1985年04月 全国漁業協同組合連合会売買契約を結ぶ(入札権取得)
1986年12月 田能天然寒天製造工場 開設
1990年12月 配送センター開設(敷地200坪/倉庫100坪)
1992年01月 取締役会長 川畑誠一 就任
        代表取締役社長 川畑孝彦 就任
1995年03月 本社新設
1998年06月 大阪府高槻市大字田能ウシロ田18に工場・配送センターを移転。
2006年09月 高槻市民の方々に「寒天」を知ってもらおうと高槻寒天プロジェクトを立ち上げる
2013年07月 代表取締役社長 川畑哲朗 就任
        取締役専務 新宮康資 就任
2014年05月 本社内にて「かんてんや半兵衛」をオープン