大阪産(もん)名品の会


大阪産(もん)名品の会

大阪産(もん)事業者の歴史


カタギ食品 株式会社

 

戦前・戦後の乾物の歴史を知る老舗

 

大正08年 滋賀県大津市にて片木商店を設立し、食品・酒類卸業を営む。
昭和09年 旧満州国新京市にて満州商事株式会社を設立する。

 

 

昭和24年 大阪市天満にて片木商店を再開、袋詰め胡麻製品を開発し、直火焙煎を始める。
昭和38年 寝屋川市に胡麻加工工場を建設し、製造拠点として移転する。
昭和42年 全国胡麻加工組合連合会発足に伴い、初代理事長を8年間務める。
昭和55年 代表取締役に片木精治が就任する。

 

 

昭和57年 カタギ食品株式会社に社名を変更登記する。
平成07年 寝屋川工場配送センターを開設する。
平成10年 全国胡麻加工組合連合会理事長に片木精治が就任し、8年間務める。
平成13年 有機農産物加工食品製造業者として有機JAS認証を取得する。
平成14年 国際品質規格ISO9001を取得する。
平成16年 代表取締役に高田直幸が就任する。

 

 

平成24年 国際食品安全規格ISO22000を取得する。
平成26年 寝屋川工場太間の生産を開始する。

 

 

 

 

受賞

 

平成04年 大阪府知事より食品衛生優良施設の表彰を受ける。
平成01年 厚生大臣より食品衛生優良施設の表彰を受ける。
平成21年 日本食糧新聞社制定第18回食品安全安心・環境貢献賞を受賞する。
平成22年 大阪府より大阪産名品、寝屋川市より元気企業の認定を受ける。
平成24年 枚方税務署より35年間連続、優良申告法人の表敬を受ける。
平成25年 関西IT百選にてトレーサビリティーシステムが優秀賞を受ける。
日本食糧新聞社制定第1回地域食品産業貢献賞を受賞する。
平成28年 大阪府知事より緑化促進取組の功績に感謝状を受ける。


 


 


●カタギ食品の詳しい紹介はこちら




カタシモワインフード 株式会社

100年畑・大阪のワイン

 

 katasimo_rekishi1.jpg  katasimo_rekishi2.jpg

 

明治初期
・現、代表で葡萄づくり四代目の高井利洋の曽祖父、高井利三郎が葡萄栽培に適した河内堅下村の南斜面を開拓し、大阪葡萄の黄金期を築く

 

大正三年1914
・カタシモワインフード(株)創業者、高井作次郎が果樹園の経営のかたわらワインの醸造に成功し同5月に創業。前身となるカタシモ洋酒醸造所を設立する

 

昭和四十三年(1968)
・カタシモワインフード株式会社として法人設立

 

昭和五十一年(1976)
・松竹の劇作家 土井行夫先生が来社。「河内ワイン」の脚本化が決まる

 

katasimo_rekishi3.jpg

 

昭和五十二年(1977)
・フランスより葡萄プレス機を輸入する

 

昭和五十三年(1978)
・山城新伍、海原小浜、月亭可朝等のキャスティングで松竹中座で上演された「河内ワイン」に合わせて「河内ワイン」を製造販売する

 

昭和五十八年(1983)
・ヨーロッパ系ぶどう品種の栽培に取り組む

 

katasimo_rekishi4.jpg

 

昭和六十三年(1988)
・柏原市市政30周年を記念して「柏原ワイン」を発売

 

平成六年(1994)
・自社農園において減農薬栽培に取り組む

 

平成十三年(2001)
・単式蒸留機を新設。日本初のグラッパの製造販売を始める

 

平成十四年(2002)
・自社全農園有機肥料栽培(※低農薬有機草生栽培)に取り組む。

 

katasimo_rekishi6.jpg  katasimo_rekishi7.jpg

 

平成十五年(2003)
・ジャパニーズ・グラッパ「葡萄華(ブドウカ)」がモンドセレクション銅賞を受賞
・第3回賞BY繁盛経営革新奨励部門で特別賞を受賞

 

平成十六年(2004)
・ジャパニーズ・グラッパ「葡萄華(ブドウカ)」が農林水産大臣賞を受賞。
・「河内ワイン キャンベル」がジャパンワインコンペティションで奨励賞受賞を受賞

 

katasimo_rekishi8.jpg

 

平成十七年(2005)
・「河内ワイン マスカットベリーA」「河内ワイン 堅下甲州ぶどう」「氷結ワイン デラウェア」が大阪府Eマーク食品に認証される
・中小企業革新支援法認定企業となる
・ワイン貯蔵庫が国の登録有形文化財に指定される

 

平成十八年(2006)
・自社全農園が大阪府エコ農産圃場に認定される
・厚生労働大臣賞受賞

 

平成十九年(2007)
・堅下甲州2006が第10回ジャパンワインチャレンジで銅賞受賞

 

平成二十年(2008)
・デラウェアスパークリングが第11回ジャパンワインチャレンジ゙で銅賞受賞、続いてジャパンワインコンペティションで奨励賞を受賞

 

平成二十一年(2009)
地域資源活用事業認定

 

平成二十二年(2010)
・「カタシモのひやしあめ」が大阪産(もん)名品に認定される。
・「合名山 堅下甲州葡萄」「自社畑 宮ノ下 スパークリング デラウェア」「氷結ワイン 大阪産デラウェア」が大阪府Eマーク食品に認証される。
・弊社に保管されていた古い道具35点が「柏原市指定有形民俗文化財」に指定。

 

平成二十三年(2011)
弊社の活動が「大阪産(もん)五つの星大賞」の特別賞を受賞。

 

平成二十四年(2012)
・地域の皆さん、農家の皆さん、お客様たち、酒屋さんたち、飲食店さんたち、美容師さんたち・・皆で頑張る『100年以上続くぶどう畑をワインの力で次の100年につなげる』活動が「大阪産(もん)五つの星大賞」を受賞。
・"第4回ひがしんビジネス大賞"にて特別賞を受賞。

 

平成二十五年(2013)
・認定農業者として柏原市より認定される。
・大阪府の「食の安全安心」認証を受ける。
・総合化事業計画の認定を受ける。
・池田泉州銀行 "ニュービジネス"助成金 地域起こし奨励賞受賞。
・「がんばる中小企業・小規模事業者300社」(経済産業省)に選ばれる。


株式会社 かつら屋

沿革

 

昭和39年(1964年)大阪府・八尾市にて創立。
八尾空港前店営業所開設 風土銘菓 河内もなか製造販売。
昭和42年(1967年)JR志紀駅前店営業所開設 献上菓子 王菊、真玉、製造販売。
昭和44年(1969年)羽曳野市・古市店営業所開設 風土銘菓 はにわの音、礎、製造販売。
昭和45年(1970年)日本万国博覧会記念 全国和生菓子大品評会へ献上菓子王菊出品
万国博大賞を授与される。献上菓子 すがこうを発売。
昭和46年(1971年)風土銘菓 河内ワインゼリーを発売開始。
昭和48年(1973年)JR柏原駅前店営業所開設。
昭和57年(1982年)近鉄・プラザ店営業所開設。
昭和63年(1988年)富田林工場開設・本店移転。
平成元年(1989年)株式会社 かつら屋創設。
第21回全国菓子大博覧会に於いて、風土銘菓すがこうを出品
総裁賞を授与される。
平成2年 (1990年)風土銘菓 河内イチジクゼリーを発売開始、好評を頂く。
平成4年 (1992年)サンプラザ・羽曳野店営業所開設。
平成9年 (1997年)河内イチジクケーキを発売開始、好評を頂く。
平成16年 (2004年)風土銘菓 河内もなかの手詰タイプを発売開始。
平成20年(2008年)大阪産(もん)石川早生を使い、太子の里を発売開始、好評を頂く。
平成21年(2009年)羽曳野市・あすかてくるの商工館へ営業所開設。
平成22年(2010年)大阪産(もん)イチジクグラッセを発売開始。
平成26年(2014年)河内もなかが、大阪産(もん)名品として大阪みやげ認定をうける。
平成27年(2015年)大阪産(もん)イチジクグラッセが大阪府 松井知事の外国人記者クラブ
:FCCJでの講演会に茶菓子として採用され、内外の記者より高評価を頂く。
その後、数々の公式事業にも参画。
平成28年(2016年)柏原市手土産コンテストに大阪産(もん)名品 河内もなかを出品
優秀賞を授与される。

 

受賞

 

株式会社 かつら屋の歴史

 


 

 

●かつら屋の詳しい紹介はこちら


御菓子司 亀屋茂廣

名古屋亀末廣から暖簾わけされ、大阪の菓子を安倍茶屋から伝承をたくされた、大阪が誇れる菓子の店。

創業者 中島茂夫
茶屋襲名 脩吉

初代は大阪に昭和5年から亀末廣の職長として名古屋から赴任し日本橋松坂屋で京菓子を販売する。大阪に飲食組合の創立に尽力をそそぐ。昭和5年に阿倍野飲食組合発足。昭和11年念願の大阪に暖簾わけされ店舗を構える。
もともとあった茶屋を改装して店舗名を亀屋茂廣とする。
昭和16年飲食組合が大阪府にて統制国家のため警察管轄となる。
大阪府全域に飲食組合ができる。
昭和50年に阿倍野料理飲食店協同組合を創立し昭和55年に生涯をとじる。
のち平成16年に阿倍野料理飲食店協同組合は解散する。(阿倍野四百年史参照)


沿革

 

昭和11年 亀末廣から暖簾わけされ亀茂廣として独立。
昭和16年 茶屋から店舗を買い取り亀屋茂廣として喫茶と和菓子の店をかまえる。
昭和25年 早川電気工業(早川徳次氏)から認められる。
昭和26年 表千家(木村宗憲氏)に認められる。
昭和31年 亀屋茂廣工場阿倍野に新設。
昭和35年 店舗を茶屋から近代的和菓子店に改装。
昭和45年 亀屋茂廣懐中志る古が全国発送開始。
昭和52年 藤山寛美氏に認められ舞台として全国放送。『寿三代目』
昭和55年 かき氷の販売を夏祭りの2日限定化する。
昭和60年 衛生管理の徹底化工場改装。
平成3年 パソコン導入する。
平成8年 和菓子店に改装喫茶部門縮小。
平成16年 衛生管理を大阪府知事から表彰。
平成17年 米国農務省カルフォルニアレーズン協会コンクールで三代目の制作した和菓子が入賞する。
平成20年 25回全国菓子博覧会にて全菓博栄誉大賞受賞。
平成21年 催事部門発足 あべの菓子博2009
 近鉄百貨店阿倍野本店で草もちが連日完売する。
 のちのハルカスでは全国銘菓に火曜日限定で販売中。
平成22年 『懐中志る古』が大阪産(もん)名品に認定。
平成23年 ネット販売事業発足
 大阪ミュージアムショップで『懐中志る古』販売。
ギフト部門発足
 阪急キッチンエール関西、東京、九州。
食の都 大阪  大阪難波高島屋本店
浪花の技展 阪神梅田本店
平成24年 『草もち』が大阪産(もん)名品に認定される。
空港事業部門発足
 成田空港にて販売(平成24年)
 伊丹空港にて販売(平成24年から)
 関西空港にて販売(平成27年から)
浪花うまいもん 広島福屋百貨店八丁堀本店
加古川ヤマトヤシキで特別販売会開始。
食の都大阪グランプリ入賞。
平成25年 JR大阪三越伊勢丹の和菓子ステージで全商品展開60年ぶり生菓子の百貨店販売。
9月ABC放送の『せのぶら』でテレビ放送『懐中志る古』が紹介される。
平成26年 『桜もち』が大阪産(もん)名品に認定される。
読売新聞掲載『懐中志る古』『草もち』
神戸新聞掲載『懐中志る古』
平成27年 環境事業部発足
 カーボンオフセット事業に進出。
 大阪府みどり公社と連携して取り組む。
海外事業部発足
 海外の商談提携にむけて準備中。
大阪城400年祭に出展。
阪急百貨店北花田でいろいろな和菓子を販売中。

メディア掲載受賞

●受賞
 平成17年 米国農務省カルフォルニアレーズン協会コンクール入賞
 平成20年 25回全国菓子博覧会にて全菓博栄誉大賞受賞
 平成24年 食の都大阪グランプリ入賞

 

●新聞掲載
 読売新聞
 産経リビング
 神戸新聞
 中国新聞
 報知新聞
 朝日放送

 

 

●亀屋茂廣の詳しい紹介はこちら


有限会社 菊寿堂

天保年間 創業 現店主で17代目(2015年現在) 

船場で和菓子をひとつひとつ手間ひまをかけて丁寧に作っています。
季節の期間限定の生菓子から何時でも購入できる名物菓子があります。

 

 

 

umeboshi.jpg 梅干し

 

ご贈答に人気の「梅干し」は、梅干しをかたどった可愛い羊羹生地のお菓子。


 

店内にある額は、人間国宝の山城少掾直筆。  有限会社 菊寿堂

 

IMG_1158.jpg 名品ではないが、名物商品のひとつ「高麗餅」は、昭和34年頃に先々代が「うちで使ってるあんこをそのまま食べてもらえるお菓子を」と考案した商品で、歌舞伎役者の8代目松本幸四郎さんがその名付け親。

 

 

■メディア掲載

菊寿堂 甘香梅の味

 

梅干しの名前の菓子には、いろいろあるが、大阪の菊寿堂の甘香梅は、梅干しの形に作り上げた菓子であるが、その説明にある通り野趣も深く、梅の味と紫蘇の味がよくマッチしていて雅味がある。・・・・


 

菊寿堂 日本一のお菓子が大阪にある話

 

御菓子に目がない私は、大阪に着くと、すぐその足で菊寿堂へ行きます。菊寿堂は高麗橋2丁目にあります。ここの老主人は芝居が好きで、私とよく話が合います。穏やかな方ですが、自説を持っていて一度こうと信じたらなかなか自説をまげるようなことはありません。
(中略)
この精神が、菊寿堂のお菓子に通っていて、菊寿堂独特のうまさを発揮しているのだと思います。・・・・


 

菊寿堂 米と梅干しの形を菓子に

 

「甘香梅」の店菊寿堂(大阪市東区高麗橋2丁目)を訪ね、ご主人の久保さんにもおめにかかれた。
79歳のたんねんで一徹なご主人のお話にひかれて、翌日「葛ふくさ」を作っておいてもらって味わったが、これまた絶品。・・・


 

 

菊寿堂 大阪の菊寿堂

 

ここの主人は、いわゆる「売らんかな」がきらいで、たずねてきた人には快く目の前で焼いてくれるという主義なんです。(中略)
アンコがすばらしくうまい。・・・・大和のアズキというやつは質がいいのですが、この店では、これをさらに盆の上で一粒ずつ選り分け、合格したのだけを使っているというんです・・・


 

 

菊寿堂 菊寿堂義信のお菓子

 

大阪の人と話していると「さっぱりしてる」という誉め言葉をよく聞く。それでいうと、「菊寿堂義信」はとても「さっぱりしてる」店だ。もいったいぶらない、ひけらかさない。・・・


 

 

菊寿堂 伝統の製法で丁寧に作る高麗屋ゆかりの餅

 

商業ビルが立ち並ぶ大阪・キタのビジネス街、高麗橋。その通りを少し入った一角にある町家の建物が、大阪屈指の老舗和菓子店「菊寿堂義信」だ。17代目となる現店主の久保昌也さんによれば、創業は、現存する記録でわかっているだけで天保年間(1830~1844)、実際は江戸時代のはじめまで辿れるという。
(中略)
高麗餅は、昭和34年頃に先々代が「うちで使ってるあんこをそのまま食べてもらえるお菓子を」と考案した商品で、歌舞伎役者の8代目松本幸四郎さんがその名付け親だ。・・・・