大阪産(もん)名品の会


大阪産(もん)名品の会

大阪産(もん)事業者の歴史


株式会社 御菓子司 絹笠

秀吉の時代より、商人のまち、天下の台所として長く繁栄をきわめた大阪。「商都」にあきなう事の喜びをお菓子づくりにたくして大阪の味を皆様にお届けしてまいります。 


 

慶応3年   初代庄兵衛 神戸元町にて松花堂の屋号で創業、瓦煎餅の製造販売に従事
昭和18年 戦時統制の為止むなく廃業
昭和23年 統制撤廃に伴い岡本大三 大阪市旭区大宮町にて戦前松花堂の流れを汲み

      御菓子司絹笠として復活、和生菓子の製造販売に従事する

昭和28年 旭区森小路公園前に初めて支店を開店

昭和32年 ナンバ地下センターにナンバ店を開店
昭和36年 株式会社に改組
昭和38年 ウメダ地下センターにウメダ店開店
昭和40年 新大阪ステーションストアに新大阪店開店
昭和43年 アベノ地下センターにアベノ店開店
昭和46年 ミナミ地下センタービルにミナミ店開店
昭和51年 本町伊藤萬ビル地下に船場店開店
昭和57年 千里中央大丸ピーコックに千里店開店
昭和62年 鶴見区今津北3丁目に工場を移転する
平成9年   社長岡本大三死去により岡本房子社長就任
平成14年 興津成實社長就任 岡本房子会長就任
平成15年 中央区城見ツイン21にOBP店開店
平成16年 鶴見区横堤に鶴見店開店
平成18年 旭区森小路駅前に森小路店開店
平成22年 京阪香里園にフレスト香里園店開店
平成25年 岡本具子社長就任 興津成實会長就任


岸和田風月堂

明治35年(1903年)創業。
東京にある「凮月堂」で修業していた創業者竹内小一郎がのれん分けで出店したことが店名の由来。当時は「凮月堂」の名で出店していましたが、3代目が東京での修業を終えた際により地元になじみ深く愛されるようにと「凮」の字を読みやすい「風」に変更し、現在の「風月堂」で掲げました。
今は若き5代目が実直にお菓子作りの心と技術を継承し、新しく美味しさにこだわった創作菓子にも挑戦し続けています。


受賞


 

 

●岸和田風月堂の詳しい紹介はこちら


株式会社 神宗

明治35年の神宗 雑喉場(ざこば)店舗.jpg神宗の歩みは、天明元年(一七八一)、初代・神嵜屋宗兵衛が大坂・靭に海産物問屋(三町問屋)を構えたことから始まりました。
いま皆様にご愛顧いただいております品々の原型が創り出されたのは、その後、嘉永年間 に京町堀(元ざこば)へ移った頃。以来、海産物問屋として鍛え上げた材料を選ぶ眼と極め尽くした技、品質への妥協を許さない高い心意気を連綿と伝え継いでまいりました。
北海道道南産の天然真昆布だけを使い、独自の加工法を用いた塩昆布をはじめ、鰹昆布、ちりめん山椒、鰹田麩などいずれも、品質と味覚の向上に日々精進を重ね、いつも一番おいしい味をお客様にお届けしております。

天明元年(1781年) 大阪靫に海産物問屋(三町問屋)として創業。
嘉永年間 雑喉場に移転。
明治時代 国内勧業博覧会に出店。上野・天王寺において一、二等賞受賞。
昭和25年(1950年) 合名会社となる。
昭和28年(1953年) 京町堀(旧雑喉場)、靫にあった本店を北久宝寺に移転。
平成6年(1994年) 本店を久太郎町に移転。
平成16年(2004年) 淀屋橋店オープン。
平成26年(2014年)

株式会社となる。

kansou-history0.jpg

●神宗の詳しい紹介はこちら


株式会社 かん袋

かん袋は、鎌倉時代末期、元徳元年(1329年)に和泉屋徳兵衛が和泉屋という商号で御餅司の店を開いたのが始まりです。

 

安土桃山時代に、豊臣秀吉が大阪城を築城し、その際に堺の商人へ多額の寄付を要求しました。文禄二年(1593年)の春中頃、桃山御殿が完成したのを機会 に、秀吉は寄付金の礼として堺の商人納屋衆を招きました。その時、天守閣は瓦を葺く工事中でした。暑い日盛りの下で、蟻がえさを運ぶように職人が一枚一枚 瓦を運び上げていました。この様子を見た和泉屋徳左衛門は、容易に片付かないと思い、毎日奉仕に出ました。餅作りで鍛えた腕力を使い、瓦を取っては次から 次へと屋根の上に放り上げました。瓦は春風に煽られて、紙袋がひらひらと舞い散るように屋根に上がりました。そこに居合わせた人々は、度肝を抜かれました。これを見た秀吉が、「かん袋が散る様に似ている」と、その腕の強さを称えました。秀吉は、「以後かん袋と名づけよ」と命じ、それより「かん袋」が、和 泉屋の商号になりました。

 

くるみ餅の出来た頃


menu01.jpg室町時代の中頃(1420年頃)には、堺の町は明との勘合貿易の貿易港として栄えていました。明国より入荷した農作物を利用して、五代目の和泉屋忠兵衛は 塩味で挽き合わし、茶菓子を作り出しました。お餅をくるんで食べるところから「くるみ餅」と名づけました。その後、ルソンから砂糖が輸入され、甘味が加えられ現在のくるみ餅となりました。

 


氷くるみ餅

menu02.jpg明治時代になり、冷凍技術が輸入され、氷が簡単に作られるようになると、カキ氷をかけて食べられるようになりました。それが、「氷くるみ餅」です。当時から、夏になりますと、涼感を求めて大勢のお客様が、お店に行列を作るようになりました。



株式会社 喜多林堂

有平糖 菊の露本舗 喜多林堂は明治の頃より格調高い飴を作りつづけ、飴菓子最高の風味と気品を込めまして、香しい甘さの珠玉を皆々様に広くご賞味いただいています。
有平糖(アルヘイ糖)とは砂糖ばかりで飴の状態になったもののことをいい、昔ポルトガルから長崎へ舶来したものに由来します。(ポルトガル語で砂糖のことをアルヘロアとかアルヘイルなどといい、アルヘイ糖はこれが訛化したものと思われます。)大阪の飴「有平糖 菊の露」は明治28年(1895年)喜多林堂初代鶴澤伝六が京都にて有平糖細工の修行中、有平糖の泣き所である砂糖に戻る性質を克服し創製したもので、極上の白双糖を長時間とろ火でアク抜きした後、煮詰めてこしらえました逸品です。

 


明治41年(1908年)には商標登録(登録番号33964)を行い当時の砂糖の貴重な時代に「菊の露」は滋養菓と表現されていました。
「菊の露」の命名は菊の花びら(あるいは葉)に溜まる露をのめば長寿を保つとの故事に因み、その形並びに琥珀色の色目を菊の花びらにおく露に観立てたものであります。

 


昭和7年には昭和天皇天覧御買上の栄誉を賜りその製造風景を見ることができます。戦前の大阪市南区笠屋町での製造風景です。製造場内にしめ縄をめぐらし、製造者全員白衣、マスク着用で製造に挑んでいます。奥にかかった時計の示す時間は午前二時四十分で昼の喧噪のなか埃にまみれた不浄な時間を避けるということで夜中に製造をしていたようです。右から3人目が2代目鶴澤梅太郎、左隣が3代目鶴澤寅彦です。当時は一鍋一貫目での仕込みで成型は手作業です。細く伸ばした飴を飴ばさみを用い手切りで裁断していきます。その後細断された飴の角を指でつまむ作業が見て取れます。指の先には竹の皮を巻き作業をしていました。

 


喜多林堂の歴史

 


 


昭和12年(1937年)には貞明皇后台覧御買上の栄誉を賜り、昭和31年(1956年)には昭和天皇天覧、貞明皇后台覧の栄誉を賜りました。戦時中空襲で本店が消失、戦前の記録はほとんど残っていないものの「菊の露」は三越、大丸が呉服店から百貨店に変遷した当時より取扱をいただき全国的にも大阪の銘菓として名をはせたと聞き及んでいます。

 


喜多林堂の歴史

 


 


現在も包装形態や成形方法は変わりましたが創業当時より変らぬ煮詰め、炊き上げ方法など、手間暇をかけ忠実に作り上げております。上質の砂糖特有のあっさりとした甘さとパリパリとした歯あたりの良さが特徴です。

 


喜多林堂の歴史




明治28年初 代 鶴 澤 伝 六有平糖 菊の露を創製・創業
明治41年「菊の露」商標登録(登録番号33964)
大正13年二代目 鶴澤 梅太郎三越・大丸呉服店等が百貨店形態になり取引開始
昭和 7 年 昭和天皇天覧御買上
昭和12年貞明皇后台覧御買上
昭和22年三代目 鶴 澤 寅 彦 戦後、大阪市南区笠屋町(島之内)で復興
昭和31年昭和天皇・貞明皇后 天覧台覧
昭和40年四代目 鶴 澤 義 尚
第24回全国菓子大博覧会
中小企業庁長官賞受賞「菊の露」
平成14年
平成19年五代目 鶴 澤 尚 哉 代表取締役に就任
平成20年第25回全国菓子大博覧会
日本百貨店協会会長賞受賞「割板ピーナツ」
平成22年「菊の露」が大阪産(もん)名品に認定

創業期より大阪市南区笠屋町(旧、島之内・現、中央区東心斎橋)にて、昭和40年迄営業(戦時中は一時中断)。
昭和41年より住吉区苅田にて営業、昭和52年より阿倍野区阪南町に工場を開設現在に至る。

 


商号 株式会社 喜多林堂
   代表取締役 鶴澤尚哉

 


住所 〒545-0021 大阪市阿倍野区阪南町1丁目23番8号
   TEL 06-6662-3451
   FAX 06-6622-7038

 





●喜多林堂の詳しい紹介はこちら