大阪産(もん)名品の会


大阪産(もん)名品の会

大阪産(もん)名品一覧


小山梅花堂

●梅花むらさめ
 
小豆あんと米粉を蒸し、そぼろにしたさお状の生菓子で、梅の花に見立てた小豆が散っています。小豆の香りが生きたほのかな甘みの上品なお菓子です。



 


株式会社 末廣堂

●さつま焼
 
自家製餡でつくられた十勝小豆のこしあんを、秘伝の皮で包み、竹串にさし卵黄を塗り、一本一本職人が手作業で心を込めて焼き上げております。
※1個~バラ売りもしております。



 


株式会社 小鯛雀鮨鮨萬

●小鯛雀すし
 
こだわりの素材 厳選された逸品
小鯛は淡路島南端から沼島付近を中心に瀬戸内産物、お米は近江の湖南米、昆布は北海道産、酢は京都村山千鳥酢使用。
●柳すし
 
皮のつけ方にこだわり
皮のつけ方の姿から柳すしと名づけた鯖の押しずし。
●いそ巻き
 
大阪観光土産品協会から推奨
昭和26年大阪観光土産品協会に14代目萬助が試作して推奨され、新たにいそ巻きと命名して商品化したもの。
●宇の丸
 
夏はウナギでさっぱりと
いそ巻きと全く同じ手法で夏季の旬うなぎを使用した一品。


 


合資会社 駿河屋

●極上栗羊羹ながほり
 
極上の備中産小豆を主原材料とし、丁寧に炊き上げた羊羹に、大粒の栗を丸ごとふんだんに入れた、贅沢な栗羊羹。 「ゆかしい方への贈答品に」
●煉羊羹
 
天正17年(1589年)伏見で発明された寒天を用い、日本が最初の煉羊羹(紅羊羹)を作りました。秀吉の大茶会で諸侯に引き出物として用いられ絶賛され、以来駿河屋の煉羊羹はまっ赤で艶やかな色を伝承しています。

●夜の梅
 
小豆を主原料とする羊かんに大納言小豆を散りばめ、煉り上げた羊羹。切り口が、夜空に浮かぶ「白梅」のように見えるところから「夜の梅」と銘がつきました。
●缶入り水羊羹
 
小豆のこしあん、砂糖、寒天を主原材料と、やや甘さを抑え、つるっとのど越しの良い夏のお菓子に仕上げました。日保ちも良く、永きに亘り、夏の贈り物の定番です。


 


株式会社 塩五

●村雨
 
小豆と砂糖と米粉で作った棹型の蒸菓子です。和泉八景の一つ「貝浦村雨」にちなんで名付けました。