大阪産(もん)名品の会


大阪産(もん)名品の会

大阪産(もん)事業者の紹介

株式会社 戎大黒本舗

大阪名物栗おこしの由来

平安時代、菅原道真公が京の都から九州・大宰府へ左遷の折、船を待つため立ち寄った大坂・難波津にて、道真公に同情した者が菓子(おこしの元になったもの)を献上すると大変お喜びになり「この菓子を後世に残すべし」とお告げになりました。
当初粟(あわ。穀物の一種)で作られていたものが、「天下の台所」として全国から大坂に米が集まった江戸時代に、米を細かく砕き砂糖で固めた製法が確立。
以来、「身を起こす、家を起こす」縁起のよい菓子として全国でも親しまれるようになりました。


戎大黒本舗の歴史

昭和 2年 菓子卸問屋「丹陽堂(明治30年ごろ創業)」を継承
昭和 5年 粟おこし製造開始。百貨店・鉄道・紡績・軍関係へ販売
昭和19年 戦災により休業
昭和21年 株式会社丹陽堂を設立し、営業を再開
昭和23年 大阪市北区天神橋(扇町)に移転
昭和25年 「戎大黒本舗」に社名変更
昭和29年 全国菓子大博覧会にて「戎大黒おこし」が名誉大金牌を受賞
昭和39年 東海道新幹線の開業に合わせ、蒸し菓子の製造ラインを新設
昭和47年 本社社屋を新設
昭和55年 おこしをクッキー風にアレンジした手焼おこし「浪花菓風(なにわかふう)」を販売開始
昭和59年 全日本菓子博覧会にて「粟おこし」が全菓博大賞を受賞
昭和60年 阪神タイガースとライセンス契約を締結。公認商品を販売開始
平成 2年 焼菓子の製造ラインを新設
平成22年 大阪の伝統ある特産品として、大阪府より「大阪産」に認定

●戎大黒本舗の詳しい紹介はこちら